読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ㅤㅤㅤさくら色Diary

ㅤㅤㅤㅤㅤ鉄道旅行やドライブなどで撮った写真を載せていきます。

2016夏18きっぷ旅行 1日目(井原線と倉敷)

2016年夏は社会人になって初めて18きっぷ旅行に出ました。18きっぷは5枚1組ですが、私が2回分使い、友人が3回分を使用しました。

ルートは、

【8/11(祝木) 1日目:下関市内→福山→井原→倉敷→福山】

【8/12(金) 2日目:福山→三次→石見川本→江津→下関市内】

 

出発地は下関市内、1日目の今日は下関市内から井原線を経由し福山市へ向かいます。

 

※写真は容量が大きいため、5184×3456から1920×1280サイズへ変更しています。また、スマホタブレットでは写真が重く表示に時間がかかる場合があります。

 

山陽本線3314M 下関市内の駅6:xx → 岩国9:20

(普通 下関発岩国行き 115系L-01 新山口にて)

岩国以西はほとんどが2ドアのN編成が多いですが、数本は3ドアの列車があります。これで山口県を横断し、岩国まで走ります。

f:id:xapasyo:20160821173805j:plain

 

山陽本線5304M 岩国 9:36→ 広島10:17

(快速シティライナー 岩国発広島行き 227系A-17+A-08 岩国にて)

2016年3月26日のダイヤ改正で復活したシティライナーです。新しいシティライナー大野浦まで各駅で大野浦~広島が快速ですが、2009年以前のシティライナーは五日市~広島が各駅区間でした。右の列車は先発の338M糸崎行きです。

f:id:xapasyo:20160821174907j:plain

 

山陽本線340M 広島10:50→ 糸崎12:07

(普通 岩国発糸崎行き 115系O-03編成 糸崎にて)

小腹満たしに広島駅のセブンで軽食を購入しまいしたが、すでに満席のです・・・・。結局、中野東まで座れず・・・・・・。西条で結構降りたので、広大生が多いんでしょうか。

f:id:xapasyo:20160821175726j:plain

 

山陽本線4734M 糸崎12:17→ 福山12:46

(普通 糸崎発福山行き 227系A-23編成 糸崎にて)

糸崎~福山は1日2往復しか227系の列車がありませんが、行程上乗ることができました。もちろん自動放送はこの区間ではありません。

f:id:xapasyo:20160821180422j:plain

 

福山に到着し、お昼ご飯を食べに行きます。駅南口に駅そばの店舗があるので、そこの「福山ラーメン」(510円)を食べました。味は尾道ラーメンと同様な醤油ベースです。

ちなみに下関では豚骨ラーメンが圧倒的に多いですね~。

f:id:xapasyo:20160821180722j:plain

f:id:xapasyo:20160821180733j:plain

 

昼食後、井原線の列車まで時間があるので駅前をぶらぶらしてみます。福山駅は北口には福山城が、南口には天満屋などがあります。南口には福山市がバラの街でもあることから、バラが植えられています。福山は戦後の荒廃した町にバラを植えたことが始まりで、バラで有名な街になりました。

f:id:xapasyo:20160821181315j:plain

 

井原線328D 福山13:54→ 早雲の里荏原14:30

(普通 福山発早雲の里荏原行き IRT355-201 福山にて

まさかの水戸岡デザインの「夢やすらぎ号」でした。JR九州の観光列車に乗っているような雰囲気で、得した気分です。

f:id:xapasyo:20160821182117j:plain

f:id:xapasyo:20160821182155j:plain

f:id:xapasyo:20160821182209j:plain

 

早雲の里荏原に35分で到着です。駅周辺は田畑や工場があり、井原鉄道車両基地も付近に立地しています。

f:id:xapasyo:20160821182744j:plain

駅名にもなっている早雲とはなんぞや?と思って調べてみると、室町時代の武将である北条早雲の事らしいです。北条早雲は荏原で生まれ、東軍に入った後に小田原城を奪還しているようです。駅前にも早雲関係のモニュメントがあったり、駅名標にも早雲があったりでした。

f:id:xapasyo:20160821183356j:plain

 

井原線331D 早雲の里荏原14:43→ 井原14:47

  井原線340D 井原15:14→総社15:57

(普通 総社発井原行き~井原発総社行き IRT355-101 井原にて)

f:id:xapasyo:20160821184638j:plain

331Dは井原駅で折り返し340D総社行きとなります。IRT355形は0番台が9両・100番台が2両・200番台が1両あります。番台により座席配置が異なっています。

 

・0番台・・・9両在籍(ボックスシート+車端ロングシート)

・100番台・・・2両在籍(全席転換クロスシート

・200番台・・・1両在籍(夢やすらぎ号 ボックスシートロングシート

となっています。そう考えると「夢やすらぎ号」は1/12、100番台も2/12であることから、今回は運が良かったようですね♪ 100・200番台はイベントに使用することを前提で座席や内装が0番台とは異なっているようです。

0番台はもともと10両在籍でしたが、IRT355-7が2015年に廃車~ミャンマーへ譲渡となりました。

331D~340D列車は100番台なので全席転換クロスシートです。

f:id:xapasyo:20160821184616j:plain

 

井原駅発車まで、30分程度時間があります。その間に井原駅で降りてみました。

井原駅は弓矢を模したデザインになっているようです。

f:id:xapasyo:20160821184844j:plain

井原市は人口4万人で、デニムやぶどう、ごぼうなのが特産品だとか。そのため駅構内にはデニムを扱うお店もあり、ごぼうを使った「ごぼうバーガー」があったりもします。ちょうどおやつ時でもあったので、写真奥の加門というお店で「ごぼうバーガー」(350円)を購入しました。店主の方が言うには、ごぼうは好き嫌いが少ない食材だから、多様に活用できるといわれていました。注文してから1つ1つ手作りで作っているようです。ごぼうがシャキシャキしていて、バーガーにもあっているので小腹満たしにお勧めできる一品です。

f:id:xapasyo:20160821185325j:plain

f:id:xapasyo:20160821185340j:plain

ところで、井原線では青春18きっぷが使用できまん。そのため328D車内で運転士から土曜休日などに販売している、「スーパーホリデーパス」(1000円)を購入しました。井原線版の18きっぷみたいなものですね。

f:id:xapasyo:20160821185451j:plain

時間になり、340Dに乗り、総社へ向かいます。

総社駅井原鉄道とJRのホームがあります。

f:id:xapasyo:20160821190017j:plain

伯備線ホームは緑色のラインカラ―に合わせ、駅名標が更新されました。

f:id:xapasyo:20160821190102j:plain

総社駅では、伯備線との乗り継ぎで時間があったので、少し駅周辺を散策しました。

 

総社駅の桃太郎線ホームにはキハ40-3004+3005のラッピング列車が停車していました。

f:id:xapasyo:20160821185836j:plain

総社駅に戻り、伯備線に乗車します。

 

伯備線1842M 総社16:24→ 倉敷16:35

(普通 備中高梁発岡山行き 213系C-09 総社にて)

1842Mは総社で9分停車し、横を「やくも20号」が通過して行きます。

f:id:xapasyo:20160821190348j:plain

 

倉敷に到着です。山陽線ホームには369M岡山発下関行きが入線。まさか倉敷に来ても下関の表示を見るとはちょっと嬉しいですね~。

f:id:xapasyo:20160821190934j:plain

 倉敷駅で下車し、美観地区を目指します。

f:id:xapasyo:20160821191114j:plain

美観地区までは歩いて10分くらいです。美観地区へ近づくにつれて観光客も増えてきました。

 

川と柳の並木と白壁の街。どこか福岡の柳川と同じ匂いがしますね。

この倉敷川一帯はかつて運河として栄えたようです。

f:id:xapasyo:20160821191243j:plain

和風な建物や欧風の建物があったり、和洋折衷な世界。

f:id:xapasyo:20160821191411j:plain

井原にもデニムのお店がありましたが、倉敷市の児島地区(瀬戸大橋線沿線)もデニムで有名です。

f:id:xapasyo:20160821202729j:plain

ここではデニムで作った、ジーパンやかばん、などがありました。ビジネスや旅行などでも使えるおしゃれなカバンがありました。

ここではデニムソフト・デニムスカッシュ・デニムまんと青い食品がようけありますね。

 

友達はデニムソフト(380円)を購入。ブルーベリーとラムネの味がするらしい?

f:id:xapasyo:20160821203109j:plain

そして私はデニムスカッシュ(300円)を注文。まるで角島の海のような色で綺麗ですね♪

浮かんでいるのは氷菓子。桃の味というのが岡山を感じさせます。

f:id:xapasyo:20160821203122j:plain

川下り用の船も絵になりますね。

f:id:xapasyo:20160821203418j:plain

清涼感を感じさせる風景で心が癒されますね~。

f:id:xapasyo:20160821203451j:plain

こちらは中橋。ちょうど美観地区の曲がり角の場所にあります。ここから南側には高砂橋・北西には今橋があります。

f:id:xapasyo:20160821203949j:plain

中橋のほとりには鷺が・・・・・。デカい。

f:id:xapasyo:20160821204252j:plain

並木にはグマゼミが2匹。下関も一番クマゼミが多いです。夏らしい風景が撮れました。

f:id:xapasyo:20160821204809j:plain

時刻は17:50。ここで美観地区を去り、倉敷駅へ戻ります。

f:id:xapasyo:20160821205033j:plain

途中、えびす商店街を抜けます。

f:id:xapasyo:20160821205129j:plain

商店街の通りには本当にえびす様がw。

f:id:xapasyo:20160821205207j:plain

倉敷駅まではだいたい10分くらいで着きました。ここからはサンライナーを乗り通すため、岡山へ向かいます。

 

山陽本線3726M 倉敷18:07→ 岡山18:20

(快速サンライナー 福山発岡山行き 117系E-05 岡山にて)

117系は2015年度に下関から姿を消して以来久々です。2005~2015年の10年にわたって新山口~下関を走った117系も一部編成が岡山にいます。

f:id:xapasyo:20160821205413j:plain

 

山陽本線3733M 岡山18:36→ 福山19:29

(快速サンライナー 岡山発福山行き 117系E-05 岡山にて)

さきほどの3726Mが引き上げ線に引き上げ、戻ってきました。サンライナーはワンマンで、227系と同じような自動放送がありました。

f:id:xapasyo:20160821205423j:plain

すっかり日も暮れた福山に戻ってきました。さんすての1Fの飲食店街で夕食を済ませ、ホテルに向かいます。

f:id:xapasyo:20160821205436j:plain

時刻は20:30。今晩は「ホテル1-2-3福山」に泊まります。2人以上で利用すると料金が安くなります。それで1-2-3(1人よりも2人、2人よりも3人)っていう名前らしいですね。

f:id:xapasyo:20160821205445j:plain

部屋はこんな感じで、ベットも大きいです。

f:id:xapasyo:20160821205455j:plain

 

さて、2016年夏18きっぷ2日目(8/12 金曜)では福塩線三江線を制覇します。朝5:00に起きるため、この日は23:00には就寝しました~。

 

=====2016夏18きっぷ2日目(福塩線三江線制覇の旅)へつづく=====